Welcome to Akio Morita Blog_100

Archive
2021/7/27
Big headaches for Boeing as Dreamliner deliveries remain halted
B737MAX が Grounding していた過去 2年間は B787 Dream Liner が頼みの綱であった。
しかし、今は形勢が逆転し、Dream Liner の製造が止まり、MAX が製造と Deliver 行なっている。
専門家は Dream Liner に何故多くの製造上の問題が生じているか疑問を持っている。
Boeing は既に 100機以上の Deram Liners を製造しているが、これらを今年中に Deliver は出来ない。
これは、既に 1,500機以上が Delivr され、或いは Order を受けている為に損失が生じる事を意味する。
2021/7/26
Does Airbus Actually Working On A360 or A370?
Airbus は次期新型機の A360 又は A370 の設計に着手するか?
Airbus は 1970年に Blagnac(France) で設立された。 以来、Boeing と共に Airbus は Market の 99% を独占して来た。
Helicopter Share は 54%、一方 Boeing は Militaty Attack と Transport Helicopter が優位である。
Airbus の最新機は A350-900 で 2015年に、-1000 は 2018年にそれぞれ Qatar Airways に引き渡された。
World Largest Passenger Airplane の A380 は 2007年に Debut したものの、2019年に製造中止が発表された。
Airbus は A300 の後継機として A360 を製造するのか?
2018年、Forbes 誌が報じたところによると A300 の後継機は着手していない。
しかし、やがて Airbus は New Seriese の A300 又は A200 の発表をすると思われる。
2021/7/25
Airbus delivers first A350 completed in China
July 21、Airbus (Tianjin, China)で組み立てられた最初の A350 が Deliver した。
この A350-900 Aircraft は China Eastern Airlines に引き渡された。
China Eastern Airlines は Asia では一番 Airbus 機を使用、世界では二番目である。
A320 Family-349機、A330 Family-55機、A350-9機保有する。
2021/7/24
100-Pound Piece of Airplane Landing Gear Falls From Sky Onto Country Club Golf Course
空から Landing Gear が落ちてきた。
機体はその Gear 無しで Emergency Landing をした。
Portland Press Herald が伝えたところによると、Landing Gear は Piper Navajo の物で 100pound の重さが有る。
飛行中に外れて Gorham Country Club の Golf Course の 7番 Fairway に落下した。
幸いにも、この Incident によるけが人は居ない。
落下した Landing Gear は調査の為に FAA に引き渡される。
2021/7/23
Rolls-Royce Completes Generator Tests for Hybrid-Electric Propulsion System
Rolls-Royce は将来の Regional Aircraft 用の Powertrain を開発した。 これは Propulsion System の 2,5 MW の Power Generation System1(PSG1)である。
Hybrid-Electrical Propulsion System の一部として PSG1 の Test を行なっている。
Test は 3週間後に Norway で開始される。
RR は既に Assembly を完了しており、Test 後は Bristol(U.K) にある Testbed 108に運ばれる。
「Our Generator は丁度 Beer Keg Size であるが、凡そ 2,500軒分の発電量に匹敵する容量が有る」そして、 「Megawatt-Level Power の発電機として新天地を開いている」と Director of Aerospace Technology and Future Programmes の Alan Newby は述べた。 同社は既に AE2100 Engine Element は既に完成している。
2021/7/22
Boeing 777X Suffers Fresh Blow
B787 と B737MAX 等 ここ数年間、Boeing は上手き行っていない。
そして再び、B787 と B777X に問題が生じている。
これらの問題は Boeing に対する信頼性に大きな影響を与えている。
B777X は B737MAX と同じ Ptch に対する安定性に欠ける。これら両者の原因には違いが有る。
B777X の揚力は直線的に変化しない。GE9X の Fan 径は GE90 に比べて 6 inches 大きい。
この GE9X の Nacelle 形状が大きな Lift を生じさせ Uncommanded Pitch の要因になっている。
B787-10 についても同じような問題が生じ、H. Stab 面積を増加させる代わりに Software で解決した。
B777X の問題は B737MAX や B787-10 よりも大きな問題であり、容易に解決は出来そうにない。
2021/7/21
Engineers' Laurel and Hardy moment caused British Airways 787 to take an accidental knee
British Airways Boeing 787 の Nose Landing Gear が Retract した Inciden は Lock-Out Pin を間違った場所に Install した為と分かっているが、 その場所は正規の場所近くにある NLG Downlock Apex Pin Bore であった。
Engineer は NLG's Door Close Solenoid Valves に関する Message を Clear にする為に Gear Lever を操作した。
2021/7/20
Making clean hydrogen is hard, but researchers just solved a major hurdle
Hydrogen(水素)を造るために科学者たちは Solar Power を利用して水を分解する方法を研究していた。 しかし、どの方法も価格が高く失敗に終わった。低価格の方法は効率が悪く役に立たなかった。
University of Texas の研究者たちは安価に作る方法を見つけた。 それは、Sunlight を使って水から Oxygen 分子を分離する方法で、 この発見を Nature Communications で公表した。
今まで、Hydrogen は Clean Energy の Ace と目されながら、価格の面で利用が進まなかった。
2021/7/19
MALAYSIA AIRLINES PUTS A380S UP FOR SALE
Malaysia Airlines は Social Media を通して A380 を売りに出した。
対象機は 6機で 8月12日が入札期限と成っている。
同 Airlines は企業再生中で、4月に A380 を Retire させと宣言していた。
Airbus は A380 の生産を 2022年に終了させる。最後の 2機は Emirates に引き渡される。
2021/7/18
FAA mandates inspections of Boeing 737 switches that could pose safety risk
FAA は B737 の Altitude Pressure Switches の点検をする様に指示した。
この Switches は Cabin Depressurization を警告するもので、2つ装備している。
もし、2つとも壊れて 10,000ft 以上に Cabin Pressure が上昇すると Flight Crew と Passenger は低酸素で危険な状態に陥る。
全米の B737MAX と NG の 2,500機が該当する。
Airlines は 2,000 Flight 又は 90 Days 毎に繰り返し点検を必要とする。
2021/7/17
Sustainable Aviation Fuel Is Too Expensive For Ultra Low Cost Carriers
ReFuelEU Aviation は Blended Fuel 使用を法制化する。
これは Sustainable Aviation Fuels (SAFs) と従来の Jet Fuel との混合であり、ULCC にとっては価格の高い SAF の使用は経営の足を引っ張る。
しかし、「Government の投資と共に、Europe 全体で取り組む事が重要である」と Wizz(ULCC) の CCO は述べた。
Europe では 2030年までに 1990年 Level の 50%まで CO2 の排出を削減する事を目標にしている。
この目標を達成する為に、2025年には 2%、2030年には 5% の SAF を混合する事を義務化する。
現在の SAF 使用率は丁度 1%。
2021/7/16
Boeing cuts 787 production, suffers 737 MAX cancellation
Boeing は胴体組立の問題を抱えている B787 の生産 Rate を下げる。
この煽りを受けて Major Customer の中で B737MAX を Cancel した事も判明。
Boeing は B787 の新しい生産 Rate は明らかにしていないが、100機以下で予定の半分にも満たない。
これは Supply Chain に大きな Damage を与える事が予想され、致命傷に成りかねない。
2021/7/15
AAIB Special Bulletin: G-ZBJB, Inadvertent nose landing gear retraction during pre-flight maintenance
6月18日に起きた British Airways の B787-8 の Nose Landing Gear の Incident は Maintenance Message を Clear する為に Hydraulic Power On で Gear Lever を Recycle した事により発生した。
Gear Lever を操作する前に Nose Landing Gear Down Lock に Lock Pin が挿入されていたが、正しい場所では無かった。
これに関して 2020年1月に AD が発行されて、その不正確な Bore を塞ぐように指示されて居た。しかし、当該機は未実施であった。
2021/7/14
Boeing discloses a new problem with the 787 Dreamliner
Boeing は 787 Dreamliner の新たな問題を公開した。
Fuselage の接合が基準どうりに行なわれなかった。そして、その検証についても基準に合致している事を確かめなかった。
胴体の結合については非常に正確に行なわれる必要があり、また、その後の Inspection も必要と成る。
Boeing はこの問題について FAA と協議中で、未だ Delivery していない機体が該当するとしている。
そして、Highest Quality を維持するために必要な時間(数週間)を確保すると発表しした。
昨年の 8月には 100機の未納入の機体があり、一時 Delivery が止まっていたが、今年 3月に再開した。
結果、2021年の Delivery は目標には達しないと発表。
2021/7/13
Photos show underwater wreckage of Boeing plane that crash-landed off coast of Hawaii
Boeing 737-200 Cargo Jet は Ewa Beach(west of Honolulu) から約 2miles 沖の海底に横たわっている。
FWD Fuselage、AFT Fuselage と Wings は一体で、そして、Both Engine は既に発見されている。 しかし、水深は 110から 128m あり、Divers が直接潜って FDR/CVR の回収は困難である。
Trans Air 所有の同型機について Test をしたが、異常は見つからなかった。
2人の Flight Crew と Maintenance を含む GND Crew について Interviews を実施したが、事故原因に繋がるような証言は得られなかった。
Rhoades Aviation Inc は Trans Air 名で 1982年以来 Cargo Airline として Hawaii で運航している。
2021/7/12
China open to Boeing 737 MAX test flights - Bloomberg News
Chinese Aviation Officials は Boeing 737 MAX の Flight Test を開始する意志が有ると発表した。
もし、開始されれば MAX の飛行再開の道が開かれる。
Boeing は 35人の Pilots と Engineers の派遣を準備している。
当初は、2020年末には飛行再開できると予想されていたが、中国と米国の貿易摩擦により遅れていた。
2021/7/11
NTSB releases first images of cargo plane wreckage in deep waters off Oahu
July 2、Honolulu を離陸して Kahului に向かっていたが、直後に両 Engine Trouble の為に Diching した。
NTSB は数百 Meters の海底に沈んでいる B737-200C の機体を発見、その写真を公開した。
しかし、深すぎる為に Diver が直接 FDR/CVR の回収は出来ない。
機体の位置が分かれば両 Recorders はその近くに存在すると思われるので発見・回収は時間の問題である。
2021/7/10
SCIENTISTS DEVELOP IMPRESSIVE NEW TECHNOLOGY TO MAKE AIRCRAFT ENGINES 80% QUIETE
将来、航空機の騒音が Hair Dryer と同じ Level になる事を考えた事が有りますか?
light New Material が Jet Engine の騒音を減らし、Cabin の居心地を改善する。
その材料は Graphene Oxide-Polyvinyl Alcohol Aerogel で、 Lightest Sound Insulator で 2.1s/m3 の重さしかない。
Engine の周りに配置する事で 16db まで下げる事が可能で、 これは離陸時の騒音 105db に比べて圧倒的に低い。
利用は航空分野に限らず、自動車を初め色々なところで使われる。
2021/7/9
Solid-state batteries will change everything
Solid State Batteries は車にとっては Big News であり、一夜にして Electrical Vehicles(EV)に革命を起こさせる。
Market Reserch によれば、Solid-State Battery Industry は 2027年には 4.3 billion(4,000億円)規模まで成長する。
EV に Solid-State Battery が採用されれば、Combustion Engine は必要なくなる。
そして、もっと実用的で維持費用も安い。80% Charge は 15分で可能。
Solid-State Battery は中に電解液を使用しない為に、Li-Ion の様な火災は発生しない。
そして電気密度が高為に Battery の小型化が可能。
Smart Device にとっても Battery Life の延長と Power Up、或いは他の部品を収納できる Space を確保できる。
2021/7/8
Boeing 737 Ditching: Do Not Sell The Headline Hype
On the 2nd of July、Boeing 737-200C が Honolulu 沖の海上に着水した。
機齢 45歳の Classic Airplane であったが Boeing の株価は一時下がった。
この機体と Boeing 737MAX と関連付けられた結果と推定される。
そして、Ditching と書かれた News も有ったが、これは Clash である。
Ditching は水上への Contolled Emergency Landing であって、今回の Case とは明らかに違う。
この機体は 1975年に Service 開始された相当古い機体で、更に Engine は JT8D-9A で 1963年以来使用されている。
写真は Bathtub Curve と呼ばれるもので、初期故障の次に安定期が来る。そして機齢が高くなると再び故障率が高くなる。
2021/7/7
Small But Powerful: The A220 Is Exceeding Pre-Pandemic Operations
Airbus A220 は小さな航空機である。 世界が COVID-19 からの回復しつつある中、Airbus の中で最小の機体は Pandemic を忘れたかのように見える。
Aviation に於いては、Widebody 機は影を潜めて Narrow Body 機が大活躍している。
June 2021 に於ける A220 の Scheduled Flight は既に Pandemic 前より増加している。
11,914便が A220-100 と -300 で使用されている。 (June 2019 では 10,570便) 2020年からの Delivery は 60機で、Fleet は 60%増加している。
2021/7/6
NTSB to interview pilots, survey site of ditched 737 cargo plane off Hawaii coast
National Transportation Safety Board(NTSB) は救助された Pilots、Maintenance Worker、ATC Controller に対して近々面接をする予定である。
同時に、Sonar Image を使って墜落場所の特定と事故の解明には欠かせない Flight/Voice Recorders の回収をする。
事故直前の Pilot と ATC との通信では、L Engine の Power Loss が、そして、R は High Teperature であると報告されている。
Controller は Pilot に対して Altitude が低すぎると警告したが同機からは Climb 出来ないと返答された。
2021/7/5
Are sustainable aviation fuels the future for commercial air travel?
Aviation Fuel に求められるものは Combustion Chamber 内で燃焼する事と上空で凍らない事である。
Siberia の上空では -97°F にもなる事が有る。しかし、JET A1 の Freezing Point は -52°F である。
外気が -67°F は SAT であり、TAT はもっと高くなる。通常、38,000ft で TAT は -5°F 位になる。
Carbon Composite Structure は Cooling Effect が少ないので 26°F 位である。 B787 の Threshold は -34°F と決められており、下回る場合は Speed を上げて Heating Effect を利用する。 Speed を上げられない場合は、Descent して温かい空域を飛行する。
SAF は現行 Fuel に混合して使用するので、Infrastructure の変更なしに利用することが出来る。 そして、Jet A1 と同じ High Flash Point と Low Freezing Point を共有しており安全性に問題はない。 SAF の燃焼による CO2 の排出量はそれを製造する植物が吸収した CO2 とほぼ等しい。 問題は価格であり、Kerosene よりも 2-5倍高い。これは製造規模を拡大する事により解決できると思われる。
2021/7/4
'It doesn't look good out here': Coast Guard rescues 2 pilots after Hawaii cargo plane crash
金曜日の朝、Boeing 737-200(N810TA) Cargo Plane が Hawaii 沖の海に Ditching した。
Honolulu から Maui に向かっていた Transair Flight 810 は Engine Trouble に見舞われ Honolulu に引き返す途中であった。
Pilot からは、No1 Emgine の Power が Loss したので Honoluluni 引き返すと Tower へ連絡した。残りの Engine も温度が高いと報告、そして、Fire Department を要求した。
Coast Guard Hhelicopter の Rescue Team は直ちに現場に急行し 2名の Pilot を発見・救助した。
この機体の機齢は 46歳(1975年製造)で相当古い。Passenger 機としてはもう既に使われていない。 Engine は JT8D-9A。
2021/7/2
All-electric commuter plane will fly this year, Arlington-based startup says
Arlington-Based Electric Commuter Plane の Alice Aircraft は今年中に First Flight を実施する。
現在、Arlington にある Hanger 内で組立作業を行っている。
機体は 2人の Crew と 9人の Passengers、Battery で Motors を駆動して Propellers を回す。
Certification と Service 開始は 2024年の予定。
Range は 500miles。
2021/7/1
Reports Suggest Airbus May Test Hydrogen Tanks On The A380
Airbus は Next-Generation Airliner の為の Hydrogen Tanks の試験に A380 を使用するかも知れない。
同社は将来の Clean Energy として Hydrogen を考えている。
British Airways CEO Sean Doyle は SAF(Sustainable Aviation Fuels) が Emission 問題を解決する唯一の手段と捉えているが、 同時に Hdrogen Powered Aircraft の開発にも参画している。
2週間前、Airbus は Germany と France に Zero-Emissions Propulsion の開発 Center を造ると発表した。
2025年頃、Liquid Hydrogen Tanks を装備した機体の First Flight Test を予定している。 その Tank は -250℃ に保つ必要がある。