Welcome to Akio Morita Blog_90

Archive
2020/9/27
More Green Hydrogen For The “Iron Bird” Of The Future
現在の Hydrogen は Natural Gas 由来で、結局のところ Fossile Gas から作られる。
しかし、新しい Green Hydrogen は Water から作られる。これは正に再生可能 Energy である。
Wind と Solar Energy の製造 Cost が急激に下がっている様に、Green Hydrogen の Cost も同様に下がるであろう。
Dash 8 あるいは ATR42/72 (1,000 kilometers)の Turboprop 機で先に Green Hydrogen が使われるようになる。 1,000q は Battery Power Range を超える事から有望視されている。
2020/9/26
Hydrogen-powered passenger plane completes maiden flight
Passenger Hydrogen Fuel-cell Plane が木曜日に初飛行をした。 Low/Zero-emission Flight への第一歩と成る。
ZeroAvia’s Piper M-class Aircraft(6人乗り) は Hydrogen と Oxygen により発電するように改修。
ZeroAvia の CEO、Val Miftakhov は「Passenger Boading Zero-Emission Flight はもうすぐ始まる」と宣言した。
2020/9/25
Last ever Airbus A380 superjumbo assembled in France
30各国から集められた 4百万個の Parts 使って組み立てられた最後の A380 が Rollout した。
現在、Hnager 外の Ramp Area で Electrical、Hydraulic Systems、On-board Computers、Landing Gear、Moving Parts、 Fuel Gauge Calibration、Cabin Pressurization、Radios/Radar と Navigation Systems の作動 Test が行われている。
この後、Engine Test が行われた後 Flight Test に移行する。
この機体は Emirates 行きである。
初号機は 2007年 Syngapore Airlines 向けであった、以来 240機が製造された。
2020/9/24
Universal Hydrogen and Magnix building world's largest hydrogen plane
Airbus は ZeroE Initiative を発表したが、実現は 2035年で、まだ先の事である。
Universal Hydrogen は現行の航空機に搭載できる Hydrogen Powertrain を発表した。
De Havilland Canada DHC8-Q300(Dash-8)は世界最大の Hydrogen-fueled Commercial Aircraft に成る。
Airbus は Hydrogen を燃料として Gas Turbine Engine を駆動する。 しかし、Magnix は Fully Electric Fuel-cell Powertrain で Electric Motors にて Turboprops を駆動する。
この機体は、今年中に初飛行する。Cessna 208B Grand Caravan は既に 5月に飛行している。
2020/9/23
New composite material revs up pursuit of advanced electric vehicles
Oak Ridge National Laboratory は Copper Wires の Electrical Current Capacity を増やす New Techniques を利用した Composit の作成に成功した。
これは Ultra-efficient、Power-dense Electric Vehicle Traction Motors に利用される。
その他、Copper を利用する Efficient Bus Bars、Electric Vehicle Traction Inverters の Smaller Connectors と Wireless/Wired Charging Systems に Lighter Weight Conductive Material として適用できる。
2020/9/22
FAA Rapped For Dated Evacuation Standards
FAA は Emergency Airliner Evacuations の方法を Update しなければならないと OIG(Transportation Department’s Inspector General) は言った。
機内での環境が大きく変化している。Seat は小さく成っているにも拘らず Carry-on Baggage 等は増えている。
この規定は過去 30年間見直しされなかった。
2020/9/21
コロナ禍で「余る」航空機、解体・部品業者に商機
航空各社が航空機の引退を前倒ししているため、航空機の解体や中古部品の保管、売買を行う企業は商機を見い出している。
中古部品市場の関係者らは今、航空会社がコスト削減を図る中、中古部品の需要が急増すると予想している。
部品転売や廃棄のために解体される航空機は、2016年以降は年間 400-500機程度で推移してきたが、2023年までに約 2倍の年間 1,000機に増える可能性がある。
2020/9/20
Conversion Plan Set To Promote Early Switch to Hydrogen Fuel
Universal Hydrogen(California-based) は Regional Airliners が Hydrogen Propulsion に早期に変換される可能性が有ると発表した。 そして、Hydrogen は Aviation を Carbon Neutrality にさせる道を開くとしている。
Universal Hydrogen は Re-engine した Dash 8 と ATR 42 Regional Airliners を対象として Fuel-cell Electric Propulsion を計画している。
現行 Jet Fuel の Hydrant 方式よりも、Cargo Loading と同じように Module 化した Fuel Cell を搭載する方式が合理的である。
2020/9/19
Southwest Airlines Temporarily Grounds 130 Boeing 737s
Southwest は 130機の B737-800 を Tmporarily Ground させた。 理由は 75lbs の Weight Discrepancy が発生したためとしている。
Southwest の B737-800 は 174,100lbs(maximum take-off weight) である。 この Weight を如何なる理由が有っても超える事は出来ない。
もし、この Weight を超えて運航すると CG Blalnce を崩して危険な状態に陥る。
その他、以下が起きる可能性がある。
  • longer take-off needed, resulting in potential collision risk
  • higher speed upon landing
  • less control and maneuverability at various stages of the journey
2020/9/18
Australian airline Qantas' 'flight to nowhere' sells out in 10 minutes
Qantas は 7時間の遊覧飛行を売り出したところ、10分で売り切れた。
Oct 10th、Sydney to Sydney で Uluru や Great Barrier Reef 等の Hot Spot を訪れる。 価格は $575(60,000円) から $2,765(300,000円)で Class による。 機体は B787 を使用。
ANA が A380による遊覧飛行を始めたのをキッカケに各 Airlines も同じように始めた。
国際線の 97% が削減されている現状では窮余の策である。
2020/9/17
Lufthansa could cut more planes and jobs than planned
Lufthansa は 130機の Airplanes を削減する。これは当初の計画より 30機多い。
従業員 140,000人の内、28,000人(1/5) を減らす。これも 26,000人から拡大した。
現在、Lufthansa は政府からの $10.7 billion(1兆1,000億円)の資金援助を受け再生中である。
2020/9/2
Is the great Covid-19 airplane seat overhaul happening?
機内で感染を防ぐために以下のような対策が考えられている。
  • Plexiglass Dividers Between Passengers
  • New Staggered Row Layouts
  • Zig-Zag Seating
  • Space-Age Transparent Bubbles Around Travelers' Heads
Corona Virous は接触感染よりも空気感染が多く、その対策が重要であることが分かった。
この事から、Face Mask の着用が極めて重要で、機内における着用が義務付けられた。
2020/9/15
Air cargo market 'going crazy' as carriers prepare for a tight peak season
過去、数週間は Summer Months の為に需要は落ちていた。この間に機体は Maintenance を実施していた。
Asia 地域の Gloden Week が始まり、第四四半期は Air Freighter Demand は Hi-season を迎える。 Europe においても Demand は上向く。
そして、Peak Season を迎え、Market は大盛況に成ると予想。
2020/9/14
Step aboard the flight to nowhere!
Singapore Airlines は Changi Airport を離陸して 3時間後に同じ空港に着陸する便を運航する。 Passenger は同時に City's Hotels、Shopping Vouchers と Limousine Ferry Rides を楽しむ。
これは Domestic Route を持たない同 Airline の苦肉の策である。
Corona Virous の影響により苦境に陥り、約 20%(4,200人)の従業員を解雇した。
2020/9/13
As the FAA finalizes the 737 MAX’s return, is Boeing’s jet now safe?
B737MAX の飛行再開の見通しが立った。
FAA は Flight Control の Design 上の欠陥について修正を要求し、その検査に GO Sign が出る見通しと成った。
早ければ来月にでも飛行再開が出来る。
2020/9/12
European Regulators Complete Boeing 737 MAX Test Flights
金曜日、EASA は B737MAX の Flight Tests が完了したと Statement を発表した。
Flight Test による Data と Information を解析して、来週、London で開かれる Board Meeting に利用する。
MAX は一昨年 3月に飛行停止して以来 18か月が経過した。
これは飛行再開の為の Milestone となる。
2020/9/11
Boeing supplier LMI plans to shutter St. Charles facility
Boeing の Major Supplier の LMI は St. Charles Facility を閉鎖する。
2019年3月以来 Grounding している MAX の影響を最中、Pandemic が襲い決定的に成った。
LMI は既に 440名 Layoff と長期休暇を実施している。
2020/9/10
Boeing Finds New 787 Dreamliner Production Problem
Boeing は火曜日、新たな製造上の問題が見つかったと発表した。
Horizontal Stabilizer を組み立て時に指定された値よりも大きな Torque を加えた。結果、不正確な Gap が生じた。 FAA はこの問題について調査を開始した。
Boeing によれば Stabilizer の問題は直ちに安全に影響するものではないとした。
B787 の製造上の問題はこれで 3件目。
2020/9/9
FAA investigates possible Boeing 787 jetliners manufacturing flaws
Boeing によれば、9機の 787 Dreamliners が不具合の為に Grounding している。(内 1機は ANA 所有)
FAA はこの問題について製造上の欠陥かも知れないとして調査に乗り出した。
Boeing は現在 B737MAX の問題も抱えており、予断は許さない。
そして、株価は大きく値下がりしている。
2020/9/8
Synthetic sensors to bolster 737 Max
Boeing は B787 に装備している Synthetic Air Data を 737MAX にも取り付ける。
これは EASA から「更なる Protection が必要」との指摘からきている。
MAX は当初、MCAS に 1つの AOA Sensor を使用していたが 2つに変更した。しかし、Airbus 機には 3つの AOA Sensor を装備している。
2020/9/7
Energy-Efficient V-Shaped Ride-in-the-Wings Jetliner Successfully Took Off
Scale Model の TU Delft's Flying V Jetliner が初飛行に成功した。
Wing 内に Passengers を載せて飛行する為に在来機に比べて約 20% の Fuel Saving が可能である。
22.5 kg、3-meter Wide-Scale Model 機は Airbus と KLM も参画して開発中である。
計算上は Rotation が難しいとみられたが、50 mph (80 km/h)で可能であった。この機体は Scale Model の為に実機での結果には不安が残る。
次の Step ではフライト中の Data 収集を行なう。
2020/9/6
How Airbus Reacted To The A350 Cockpit Coffee Problem
Asiana と Delta 機で起きた 2件の A350 Both Engine Shutdown Incident は Cockpit で Coffee を零した事によるものであった。
これに関して EASA は Liquid-Free Zone を Cockpit に設けた。
一方、Airbus は Critical Control に Cover をする改修案を提示。EASA は 28日以内にこれを取り付ける様に AD を発行した。
2020/9/5
Boeing Deal Failure Prompts Embraer To Cut Brazil Workforce By 900
Embraer は 900 名の従業員を削減すると発表した。
この背景には Boeing との交渉が不調に終わった事も影響している。
Demand の減少により Embraer は 2nd Quarter で 2機のみ Deliver した。また、受注も同じように減少している。
2020/9/4
UIA Bans Passenger For Walking On Wing To Cool Off
Ukraine International Airlines (UIA) Flight 6212(Antalya to Kyiv) の Passenger が Emergency Exit から Wing 上に勝手に出た。
当人は Cabine 内が暑過ぎた為と理由を説明した。警察は彼女の精神異常や Drag について調べたが特に異常は見つからなかった。
UIA は彼女を Black List に乗せた。
2020/9/3
‘Flying-V’ model embarks on first test flight ー with Airbus support
縮小 Model の Flying-V Blended Wing Aircraft が First Test Flight に成功した。
この Project には Airbus と KLM も参画している。
Scale Model は 22.5s、Wing Span 3.06m、Length は 2.76m で Drone Pilot による Radio Control。 動力源は 6kg の Lithium Polymer Battery と 2つの 4kw Electric Ducted Fan Engine。
2020/9/2
Prototype gravity-based energy storage system begins construction
Renewable Energy Generation が盛んに行なわれる様になり、New Storage Methods が必要に成った。
Scottish Company は Gravitricity と呼ばれる Gravity を利用した Energy Strore 法を確立するためにその施設を建設する。
この装置には Sprong と 500-5000ton Weight を利用して Energy を蓄える。必要時は Weight を下げて、その力で Shaft を回転させて発電をする。
2020/9/1
Amazon wins FAA approval for Prime Air drone delivery fleet
Amazon は FAA から Prime Air Delivery Drones の Operation について認可を得た。
Amazon は目視範囲を超えて無人による Package 輸送の実証を本格的に行う。 そして、Drone Operation の有効性と安全性の証明をする。
又、Drone により Amazon Prime Menbers に対して翌日配送を確実にする。