Welcome to Akio Morita Blog_76

Archive
2019/07/16
Ryanair Renames MAX
Boeing737MAX が Ground して数か月経つがまだ先は見通せてない。
しかし、FAA が承認して飛行再開できるとしても多くの作業が待ち構えている。
その一つが名称の変更である。これは Trump が 3月に Tweet で触れた事でもある。
Ryanair は既に製造されている MAX を 737-8200 に変更している。
2019/07/15
Virgin Orbit Drop Test
747-400 Carrier Vehicle(Cosmic Girl) によって Pacific Ocean の 35,000ft の上空で Rocket と機体は切り離された。
Rocket(LauncherOne) は完全に切り離され Free Fall した。
今年の 12月には実際に LauncherOne は点火して飛行する。
B747 の L Wing に装備している 5th Engine Pad に Rocket は取り付けられた。
2019/07/14
United 航空、737MAX 運航停止を再延長 11月3日まで
UAL は 12日、MAX の運航停止を 11月3日まで延長すると発表した。
同措置に伴い、9月に約2100便、10月に 2900便が欠航になる。 Boeing が 6月末に見つかった新たな問題の修正完了は少なくとも 9月との見通しを示したことが背景にある。
2019/07/13
GE9X Breaks GUINNESS WORLD RECORDS Title for Thrust
Boeing 777X に装備される GE9X Enigne が GUINNESS WORLD RECORDS に認定。
Max Thrust が 134,000lb を記録、以前の記録は GE90-11B で 127,000lb。
GE9X は 100,000lb Class の Engine で最も Fan 径が大きい(134”) 。Carbon Fiber Composit 製。 700台の Order を獲得している。
2019/07/12
Employee Crushed By Q400 Gear Doors
SpiceJet Employee の整備員が Q400 の Landing Gear Door に挟まれ死亡した。
22歳の彼は 3か月の整備経験で訓練中の事故であった。
挟まった状態を別の空港従業員に発見された。Door を壊して救助されたが助からなかった。
Landing Gear Door が作動した原因は不明。
2019/07/11
EASA IDENTIFIES 737 MAX AUTOPILOT FAULT
EASA が要求している Autopilot の改修については、MCAS が作動する状況に陥った時にこれを Off にすることが出来ない事を指摘しているものと思われる。
このれには Redsign 又は改修を意味しており、多大な時間が必要と成る。
現在 Grounding している機体の飛行再開は作業後と成り、年単位の時間が必要と思われる。
2019/07/10
No Orders for 737 Max
Ground した 3月中旬以来、Boeing は MAX の Order は獲得できていない。
Boeing は今年前半で 239機納入で 37%減少したが Airbus は 389機であった。
先月の Paris Airshow での IAG からの 200機は覚書を交わしただけで未だ Order には至っていない。
MAX の Backlog は 4,600機保有している。
2019/07/09
EASA Demand Changes to 737 Max Autopilot
EASA は Boeing に対して 5項目の変更を要求した。
AOA、Training、Manual Control、Software と Autopilot である。
Autopilot は新たに出てきたもので、Emergemcy 時に Switch Off が迅速に出来るようにする。 これは Stall を防ぐための充分な時間が無い事から追加された。
2019/07/07
Safran ECOS Bin
Safran Cabin は Zodiac Aerospace を買収して以来、Narrowbody に ECOS Technology を採用する試みをしている。
最も新しいものは Mitsubishi SpaceJet の New Interior を手掛け Sweeping Swing-down Bins を Paris Airshow で展示。 
Safran はその他にも CRJ 用に多くの Cabin Technology を提案している。
2019/07/06
Boeing 777X On Track
B777X の First Flight は Engine の不具合により遅れる事が分かっているが、Service 開始は 2020年と変更はない。
B777 に Holding Wing を装備、Engine は GE9X を搭載する。
Test Flight 機は既に 3月に Roll Out、Launch Customer の Lufthansa 機は Final Assebly を行っている。
今年末予定の First Flight に向けて着々と準備は進んでいる。
2019/07/04
Cargo Aircraft Shortfall
Brand New Cargo 機は現在 4 Type(B767F、 B747-8F、 B777F、A330-200F)が存在する。
そして、Passenger 機から Freighter に Convert した Type も存在する。(Converted Freighter)
しかし問題は B767F は既に 30年が過ぎ B747 はもっと経過して Retire 進んでいる。
2022年以降、Freifgter 機が大量に不足する時代が到来する。
2019/07/03
Boeing Admits Air Canada 787 Documents Were Falsified
Boeing は Air Canada B787 の Document を改ざんを認めた。
飛行中に Fuel Leak が発生して Emergemcy Landing をした。
Service 開始 10か月後の出来事で、製造時の作業が完了していなかった。
これは MAX の調査と共に B787 にも調査の手が及んで明るみに成った。
2019/07/02
Bombardier Aircraft
CSerise は Airbus に、Q400 は Longview Aviation Capital に既に売却されている。
CRJ については Mitsubisi に売却されることが決まり、Commercial 部門から足を洗う。
CRJ は 51機の Backlog を抱えているが Mitsubisi の名前で Bombardier が製造する。
Mitsubishi としては Global Sales、Service と Support Networks を手に入れることが出来る Merrit がある。
2019/07/01
Boeing Loses Another 737 MAX Customer
Tajikistan の Somon Air は飛行再開が不透明の B737MAX の使用を中止ると決めた。
Air Lease Corporation (ALC) は今年 MAX を Somon に Lease する予定であった。
Somon は総て B737(6機) で統一しており、順次 MAX に移行する予定であった。
そして、Far East と Western Europe に足を延ばす事を計画していた。
2019/06/30
Investigation Expands to 787 Dreamliner
連邦検事は 737MAX から 787 にまで拡大して捜査の対象にしている。
North Charleston にある 787 Factory は B737MAX 調査チームから召喚状を受け取った。
Boeing はこの件に関して「Comment を控える」とした。
Chesley "Sully" Sullenberger 氏は 737MAX の飛行再開に Hands-on Simulator Training は必須と主張した。
2019/06/29
MAS and SIA
Singapore は Malaysia Airlines との広範囲の Partnarship に同意した。
両者は現在激しい競争を繰り広げている中での同意である。具体的には Flight、Maintenance、Cargo 分野と成っている。
両社は元々同じ会社であったが、1972年の Singapore 独立に合わせて分離した。
これは吸収の為の布石と見られている。
2019/06/28
FAA Finds New Software Problem in Boeing’s 737 MAX
Boeing と FAA は 737MAX に新たな Software の不具合が見つかったと発表した。
不具合の場所は明確に発表されていないが、MCAS とは別の System である。
しか、MCAS 作動時に逆の影響を及ぼす可能性がある。
これにより MAX の飛行再開が更に遅れる可能性が出て来た。
2019/06/27
A320 Never Be Electric
多くの Airplane Maker が CO2 削減の為に Integrating Hybrid と Electric Designs に取り組んでいる。
そして、Ampaire’s Hybrid Cessna 337 と Airbus’ E-Fan X が実用可能な状態にある。 lithium-ion batteries の蓄電能力は Kg 当たり 100Whで、A320 に搭載するには 30倍の電気密度を必要とする。
A320 の解決策はもっと効率的な Turbine Engine の開発に委ねられる。
2019/06/25
Hybrid System
Hybrid は車だけのものではない。運動エネルギーと熱を回収して熱効率を上げる必要がある。
それは Passenger Jet にも言えることで、Airbus は A320 に導入しようとしている。
Wing には Electrical Propulsion を、Fuselage 後部には Jet Engine を装備する。
一方、Boeing は Zunum 社が開発中の All Electrical Car 開発に参画している。
2019/06/24
Paris Air Show
Airbus は Boeing の倍の Order を獲得した。
Airbus は Firm Orders, Letters of Intent and Memorandums of Understanding で 595 機。
一方、Boeing は 234機、これには IAG からの 737MAX 200機が含まれる。
A321XLR を初日に発表して 240機の Order を獲得した。
Total 938機は昨年と一昨年に比べて少し少ない。
2019/06/23
Paris Air Show
Paris Airshow で最も注目を浴びたのは Airbus と Boeing であるが、多くの New Technology も然りである。
全世界の CO2排出量の 2.5% は航空機から排出されており、これを 2005 Level に2050年までに戻す約束がされている。
今後、Hybrid Engine と eVTOL 機の伸びが予想されている。
その中で、Alice(Israel) 製の All-electric Aircraft が最も注目されている。
2019/06/22
Pilots Criticize Boeing, Saying 737 Max 'Should Never Have Been Approved'
映画 「ハドソン川の奇跡」の Model と成った Chesley "Sully" Sullenberger 氏は B737 MAX の Automated Flight Control(MCAS) には致命的な欠陥があり、飛行は認められるべきでは無かったと議会小委員会で証言した。


2019/06/21
Mitsubishi SpaceJet
Mitsubishi は SpaceJet 100 (15機)について US の Airline と交渉中であると Paris Airshow で発表した。
Narrow-body M100 は 2023年に Service を開始する予定。
SpaceJet M90 と M100 は 現在飛行中のどの Regional Jet よりも Cabin が広い。
現在試験飛行中の機体(ANA に来年引き渡す)よりも M90 は若干広い。
2019/06/20
Aeroflot flies Trent 700 enginefor 50K hours without overhaul
Aeroflot は A330 装備の Trent 700 Engine を Overhaul 無に 50,000 hours 飛行していると発表した。
この機体は 2008年に飛び始めて以来継続して飛行している。飛行距離は月との往復 50回分に相当する。
Trent Familiy は 7種類あり、最新のものは Trent 7000。
これは世界記録と見られる。
2019/06/19
GE Has Big Headache
B777X に装備して Ground Test 中の GE9X Engine に不具合が見つかり今月中に Flight Test が行われる予定が延期に成った。
不具合は Compressor Stator が早期に摩耗する事が判明。
現在までの獲得 Order 数は 700台。 Leap Engine は順調で、17,000台 Plus の Order を獲得している。今年の Delivery は 1,800台を予定。
2019/06/18
New Long-Range Jet
Airbus は A321XLR を開発すると発表した。Delivery は 2023年の予定。
これは Boeing が計画をしている B797(B757 の後継機)より 2年早い。
Launch Airline には Middle East Airlines が成ると予想されている。
現在 Widebody 機で Cover されている India-Europe、China-Australia Route 等が有力。
2019/06/17
Comac ARJ21
Chinese Aerospace Company Comac で製造された ARJ21 は中国国内だけで 2016年以来使用されている。 Chengdu Airlines は現在 ARJ21-700 を 10機運航している。
Design は DC-9 or B717 と類似している。装備 Engine は GE製 CF34-10 である。
未だ FAA と EASA Type Certification は取得していない為に海外での使用は出来ない。
2019/06/16
737 Max Grounding
現在、世界中の空港で 374機の B737MAX が Grounding している。
今後どれ位で飛行が再開できるかが問題に成っているが、誰もその答えは分からない。
Boeing は飛行再開の為に FAA と連絡を取りながら修復に努めていると回答した。
CEO は今年中に飛行再開できるかとの CNBC News の質問に"曖昧な答え"しか返さなかった。
2019/06/15
Mitsubishi Revamps
Mitsubishi New Regional Jet は Moses Lake で Flight Test 中で、来年度中頃に ANA に引き渡される予定。
これに先立ち MRJ から Space Jet に名称を変更した。
現行の MRJ90 を M90、MRJ70 を中止して新たに Stretch Version の M100 を製造すると発表した。
M100 は Wing を 4.5ft短くしてより多くの Passenger を収容する。
2019/06/14
LEAP-1B Engine
B737MAX に取り付けられている CFM LEAP-1B の Radial Drive Shaft Bearing の改修を始めた。
これは過去 5件の Filter Bypass Light ON による Inflight Shutdown が起きている。
EASA は AD を発行し、TGB1 と TBG2 の Scavenge Filter の繰り返し点検を義務づけていた。
A320 装備の LEAP-1A には同問題は発生していない。
2019/06/13
First Flight Delayed
B777X の First Flight は今月26日に予定されていたが、GE9X の不具合により今年末に延期される見通し。
現在 2機の 777-9が Flight Line で System と Engine Test を繰り返し行っている。 Tail Number N779XW は Ground Engine Test を行なっているが、Engine に不具合が見つかり Test は中断された。
VSV を作動させる Lever Arm に不具合が見つかった模様。
2019/06/12
777-10X?
B777X は今月末の First Flight に向けて準備が進んでいる。
現在は 777-8 と -9 が予定されているが、-10については聞こえてこない。もし作られるとすれば -9よりも 3.5M長く、最長の航空機と成る。
Seat 数 450、飛行距離は 6,500nm。 対抗機種は A350-2000 Strctch である。
購入候補としては Emirates と Singapore が挙げられる。
2019/06/11
BOMBARDIER JETS
Bombardier は Restructuring を進めて、鉄道と Business Jet に集中する。
CSeries Program は Airbus に売却し、現在 A220 として売られている。 Q400 は Canada Longview Aviation へ売却済み、そして CRJ は Mitsubishi と交渉中である。
CRJ Program の売却価格は Q400 と同じ U.S. $250 million 程度とみられている。
2019/06/10
Cancellations extended through Sept. 3
American Airlines は Sept.3 まで引き続き欠航すると声明を発表した。
当初の発表は Aug.19 であった。1日当たりおよそ 115便が欠航する。
既に予約している場合は全額返金に応じる。
2019/06/09
Dlivarying SSJ100
May 5 の Superjet 100 (SSJ100) の着陸失敗事故後も Dlivery は引き続き行われる。
2019年度は 15機で、その中に Areoflot 10機が含まれる。Areoflot は現在 49機を運航していて、将来的には 100機運航予定。
しかし、Airlines の中には Static Electricity Protection、Fuel Tank と Gear の強度について安全性に疑問を抱いている。
2019/06/08
Didn’t plan to fix 737 MAX warning light soon
Boeing は MAX の AOA に不具合が有ることを 2017年に知っていた。しかし、2020年まで不具合の解消を先送りする予定であった。 そして、Lion Air の墜落事故が発生するまで FAA にも通知していなかった。
Boeing はこの不具合が重大とは考えていなかった。
2020年に Delivery される MAX-10 に合わせて改修する計画であった。
2019/06/07
Bombardier CRJ
Mitsubishi が Bombardier CRJ Program を獲得すれば 両社とも Win-Win の関係が成り立つ。
Misyubishi にとっては多くの問題を解決。最大の懸案であった Customer Support Network を解決する。現在 1400機が各 Airlines で運航中。
そして、Canada で MRJ 70 を生産し、同国で型式承認を取得する事も可能と成る。
大きな可能性を秘めた取引として注目される。
2019/06/06
Mitsubishi Buys Regional-Jet Unit
Bombardier は Mitsubishi に CRJ Regional Program を売却交渉中である事を明らかにした。
来月開かれる Paris Airshow (June 17〜)で交渉成立が発表される見通し。
既に CSeries と Turboprop 部門は既に売却されている。
この交渉が成立すれば Bombardier は Private Jet と Rail Equipment に集約される。
2019/06/05
ASTANA E190 UPSET
Accident Prevention and Investigation Office (GPIAAF)は Air Astana Embraer E190 の事故報告を発表した。
Take-off 直後から Control 不能に成り Emergemcy を宣言。
GPIAAF は Flight Data から Yoke は右に切っているにも拘らず、機体は 90度以上左に Bank した事を突き止めた。
これは Lisbon で C-Check 後の最初の Flight であった。
2019/06/04
Defective Parts
Boeing は B737MAX と NG に不具合のある Parts が Wing に取り付けられている可能性があると発表した。
Slat Track の一部は Manufacturing Standards に合致していない可能性がある。
Ground している MAX については飛行再開までに交換する必要がある。
Boeing は SB、FAA は AD を発行する。
2019/06/03
Blind to Design Change
Boeing は MCAS の AOA Sensor を 完成の 1年前に Sigle Sensor に変更した。
その結果、Lion Air と Ethiopian Air の 2つの事故を起こし 346名が亡くなった。
この重大な変更には FAA を始め多くの Boeing の人たちが関わっていたのだが。
Boeing は A320neo に後れを取っていた為に MAX の完成を急いだ事も要因として挙げられる。
2019/06/02
Trent 1000 Fix
Trent 1000 の不具合については RR の最優先事項に指定されている。
B787-9 の Grounding について RR は $540million(約540億円) の保証金を支払った。
RR に全責任があり、全力で問題解決取り組む。Grounding 機数を今年末までに 1ケタ台減らす。
問題は HPT Root 部の硫化腐食(sulfidation)に起因する早期劣化である。
Trent 1000特有の問題。
2019/06/01
Underwater Search for Air France Plane Released
Air France Flight AF447、Airbus A330-203 が太西洋に墜落して 10年経つのを機に捜索の映像が公開された。
機体は Pitot Tube の Icing により Speed Error が発生した。
最終的に Stall が発生して 200q/h の Speed で海に激突。
広さ 17,000 q2、深さ 4,000m の海底を 22か月間捜索し Black Boxed を発見した。