Welcome to Akio Morita Blog_83

Archive
2020/1/22
ANA & Singapore to be finalizing joint venture
ANA と SA(Singapore Airlines)は New Joint Venture を開始するだろう。
この Joint Venture は Japan と Sigapore 間に留まらず Asia 内の Route を Cover する。
ANA にとっては United と Lufthansa に次いで 3社目の Joint Venture である。
これは Pricing と Schedules のみならず収益も Share する。
2020/1/21
Boeing seeks to borrow $10 billion
737MAX の危機による Cost の上昇にの為、Boeing は銀行と約 1兆円の借り入れについて話し合いを始めた。
その原因は 2機の MAX の墜落事故による補償金等が主である。
MAX は今月で製造を一時停止し、Grounding は既に 11か月に及ぶ。
Moody は Boeing の Credit Rating を見直すと発表した。
2020/1/20
New Boeing CEO’s daunting task could determine giant’s future
月曜日から Boeing CEO に David Calhoun 氏が就任する。
彼は全従業員に充てて、この先数年間は苦難な道であることの Message を出した。
その中には、737MAX について、地に落ちた安全文化と馬鹿げた設計が含まれていた。
そして、これで Bad News はお終いにする。
2020/1/19
New flight-control problem crops up in 737 Max
737 MAX の Flight Computer に新たな不具合が発見された。
Power Up 時に Computer 自身で Selfcheck がされるが、不具合が通り抜けしてしまった。
Boeing はこの問題とその他 2つの問題を抱えており、飛行再開は更に遠のく。
Southwest は飛行再開の時期を 3月から 6月に再再延期した。
2020/1/17
Bombardier shares dive on profit warning, Airbus A220 writedown
Bombardier の株価が 2019年度の収益悪化により 37%急落。
その為に Airbus A220 との関係を見直さなければならない。
Bombardier は 2018年に A220 Program の 50.6%を Airbus に売却した。 2026年に 33.5%の株式を買い戻す約束をしていた。これらを見直す。
2020/1/16

#FAA Statement: Incident involving @Delta Air Lines flight 89 that was returning to @flyLAXairport.


2020/1/16
A plane dumped jet fuel over Los Angeles. 60 people on the ground were treated
Delta Air Lines の B777-200 が Engine の不具合で Los Angeles Airport に引き返す途中、民家の上空で Fuel Jettison を実施した。
その為に住民の 60人が病院に運ばれた。
FAA は Fuel Jettison 時の注意事項を各 Airlines 通達した。 
2020/1/15
Composites Without Huge Ovens
MIT(MASSACHUSETTS INSTITUTE OF TECHNOLOG) では Aerospace-Grade Composites を Oven または Pressure Vessel 無に製造する技術を開発した。
もし、Pressure Vessel あるいは Autoclave を使って製造すると時間とお金が掛かってしまう。
新しい方法と従来の方法で作られたものとを比較した場合の強度上の差はない。
2020/1/14
FAA Proposes Second Fine On Boeing Over Faulty Slat Tracks
FAA は Boeing に対して $5.4 million の Penalty を科した。
これは 2回目で、以前に $3.9 million を既に科されている。
これは 737NG と MAX の 2つの Model で Faulty Slat Tracks を使用した事による。
Slat Track の製造過程で水素にさらした為に水素脆性が起きる事が判明。
2020/1/13
RR Advanced Engine
RR は UK's Tempest Fighter Plane 用に Radical State-of-the-art Jet Engine を開発中である。 これは超音速戦闘機の推進用の Power を供給するだけでは無く、大容量の電力も供給。
大容量の電力を消費する戦闘機の為に Starter-Generator 2台を Engine 本体に装備。
そして、New Energy Storage System を装備して Energy Demand と Thermal Loads の管理を行う。
2020/1/12
Iranian acknowledges it shot down
176名搭乗の Ukraine B737-800 の墜落は Iran 軍の Missile によるものであることを認めた。
Tehran Airport を離陸後、機体は Islamic Revolutionary Guard Corps の方向に U-turn をした為に敵機と勘違いされた。
運悪く、Iran 軍の Missile による一斉攻撃中であった。
Flight/Voice Recorders は France で解析が行われる。
2020/1/11
Boeing's biggest supplier lays off 2,800 workers
Boeing の最大の Supplier の Spirit AeroSystems は MAX の生産一時停止に伴い 2,800名の Workers を Layoff した。
Spirit は MAX の Fuselage と他の Parts を製造している。
生産再開の時期とその規模が不明な為の処置としている。
Sprit は 50% の収入を Boeing から得ており、その影響は大きい。
2020/1/10
Iran mistakenly shot down Ukraine Jet
CBS は Ukrainian International Airlines Boeing 737-800 は誤って Missile で撃ち落とされたと報道した。
Ukraine は墜落原因が Missile かどうかを調べていると答えた。
Pentagon は Russian-made Tor missile により Airplane は撃ち落とされたと主張。
墜落は Iran が 2つの American Bases を Missile で攻撃している時に起きている。
2020/1/9
Dimmable Windows
Electronically Dimmable Windows を製造する Gentex は Airbus 機に同 Window を供給すると発表した。
この技術は既に B787 Cabin Window に採用されており、Passnger からの評判が良い。
Shade を装備する必要が無く重量軽減に役立つと共に、外部から赤外線の侵入を防ぐ。
これは Cabin の温度上昇を抑える事により Air Conditioning の使用を削減できる。
2020/1/8
Boeing Will Recommend 737 Max Flight Simulator Training for Pilots
Boeing は長年 737 の Training は必要ないと主張していた。
しかし、2つの墜落事故とそれに伴う Grounding によりその主張を変更した。
Flight Simulator の Training をした方がよいとしている。
最終的には FAA が決める事であるが、元々 FAA はそれを要求していた経緯がある。
2020/1/7
MAX Engine To Shift Toward A320neo
Boeing は今月で MAX の製造を中断するが、その将来には暗雲が立ち込めている。
MAX の Engine を唯一供給している CFM はそれを Airbus に向けようとしている。
Total Order 数は約 5,000台であり、CFM にとっては手痛い打撃となる。
幸いにも Leap 1B は 1A として転用が可能。
2020/1/1
Boeing cancels bonuses
Boeing は毎年支給されていた Christmas Bonuse の支給を取り止めた。
昨年は一人平均で $6,000 (648,000円)支給された。
2つの墜落事故の後も B737MAX の生産は続けられているが Cutomer への Delivery の目途は立っていない。
今まで、約 $10憶(1兆1,000円)の補償金を支払っている。